落花生(地豆)の基礎知識・栄養・レシピ

ブログ

日本では千葉や茨城の名産品「落花生」

ピーナッツとしておなじみです。

本稿では落花生の基礎知識と、普段の食卓に活用しやすいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

落花生

南アメリカ原産のマメ科植物の種子。

花が落ちるようにして(花が受粉して落ちて)地中で実を生むことから「落花生」という名前が付けられました。

ピーナッツ、南京豆とも呼ばれます。

方言名に地豆(ぢまめ)、沖縄ではジーマーミと呼ばれます。

花の子房柄(子房の基部)が地中に伸びて発育します。

そこにさや入りの実を結びます。

渋皮(甘皮)におおわれた実が通常2個入っています。

分類 野菜類 10~11月頃

(8月末にいただきましたが)

原産地 南米のボリビア
栄養 たんぱく質、脂質に富み, ビタミンB, ビタミンEも含む。

栄養

たんぱく質、脂質に富み、ビタミンB、ビタミンEを含みます。

古い落花生ピーナッツには、見えない内側の胚芽に発がん性の高い青カビが発生している場合があるので、食べないようにしましょう。

落花生の薄皮には、レスベラトロールという抗酸化物質が含まれているので、薄皮ごと食べる方が健康に良いと言われています。

利用

殻のまま、または殻をむいて炒ることが多いです。

殻ごとゆでて食べたり、煮物にしたりします。

ピーナッツの外側に砂糖をまぶしたり、小麦粉の衣を付けて揚げたりした豆菓子や、チョコレート菓子などの加工品もあります。

郷土料理

  • がじゃ豆(さた豆)(鹿児島県奄美群島)
    熱した黒砂糖や味噌と絡めた味噌豆
  • 甘納豆(千葉)
  • 味噌ピー(千葉・茨城)
    炒ったラッカセイを甘辛く味つけ味噌であえた惣菜

落花生のレシピ

生落花生の塩茹で

塩ゆでした落花生は、お酒のつまみにうってつけ。

先日、生徒様が生落花生を持ってきてくださいました。

レッスン後にゆで方を指南していただき(ありがとうございます)、

おいしいゆで落花生が出来上がりました。

【材料】生落花生の塩茹で(作りやすい分量)

  • 落花生 適量
  • 水 ひたひたになるくらい
  • 塩 適量

【作り方】生落花生の塩茹で

  1. 落花生をよく洗う
  2. 鍋に落花生、塩、ひたひたのお水を入れる。
    お好みの塩加減になるよう塩の量を調整する。
  3. 弱火でコトコト40~50分くらい煮る。圧力鍋の場合は10分ほど。
    落花生一つひとつ、固さが異なるので、ゆであがりはばらつきが出やすい。
  4. 柔らかくなったらすぐにざるにあげずに、そのまま湯で汁の中にしばらく(半日ほど)おき、味をしみこませる。

できた塩ゆで落花生はそのまま食べてもよいし、料理に使ってもOK!

保存方法

ゆで落花生にしたら、食べる分だけ冷蔵保存し、早めに食べきります。

食べない分は冷凍保存。

食べたい分だけ取り出して解凍し、温めれば、また美味しくいただけます。

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら